​患者様の満足度UP+治療院様の収益UP

​差別化を図れる新技術で訴求効果を推進!

​<市場で非売品>

​<治療院様向け>

医療機器:イオンギア(国より承認済/特許取得済)

九州大学藤野名誉教授らの研究で認知症治療の未来が変わる!

​   鍼灸やマッサージ理論を応用し深耕化!

ポリモーダル反応を治療に応用するためには、痛みを伴うような強い刺激は必要なく、むしろ強い刺激は交感神経を優勢にしてしまうため有害とさえ言えます。必要なのは「傷つける」ような刺激ではなく、痛みを伴わないポリモーダル侵害受容体への確かな刺激です。
鍼灸が古来からの歴史を経て今なお愛用され発展を続けるのは、「ポリモーダル反応」という確かな理論に基づいていたからです。 今や、統合医療への世界的な潮流と共に我国のみならず欧米において「acupuncture & moxibustion」として脚光を浴びている 所以です。

鍼刺激によって、感じる得気、鍼感と呼ばれるような感覚はポリモーダル受容器が応答していると考えられています。
また、軽く皮膚に触れるといった全く痛みを感じない様な刺激でも応答することが分かっていますので、ごくわずかな鍼刺激でも

ポリモーダル受容器は十分に興奮していることを意味します。

血流を増加させ、侵入した異物(侵害刺激)を押し出そう。
加えられた熱に対処しようとします。結果的に、コリや痛みの原因となる発痛物質や老廃物が浄化されます。

・軸索反射

軸索反射は、はり治療するとその周辺が赤くなる反応(フレア反応)に関係があります。

これは筋血流量の増加に反応です。
微小組織損傷刺激

鍼灸治療をすると、軽度の炎症反応が起きますが、炎症が起こった組織では、β-エンドルフィンやメチオニン-エンケファリンなどの内因性モルヒネ様物質が産生されることがわかっています。これらの組織で産生された、内因性オピオイドは局所の鎮痛効果に関与してることが解ってきています。

内因性モルヒネ様物質による鎮痛効果

炎症が起こった組織では、モルヒネに似た作用で鎮痛作用はモルヒネの6.5倍の効果を発揮し、トレスなどの侵害刺激により生産されて鎮痛・鎮静にも働き、多幸感をもたらすβ-エンドルフィンやメチオニン-エンケファリンなどの内因性モルヒネ様物質が産生されることがわかっています。これらの組織で産生された内因性オピオイドは局所の鎮痛効果に関与していることが判明しています。

・自律神経反射

主に肩こりや腰痛など筋肉のコリは筋肉の血流の減少が原因でその部分に痛みの原因、発痛物

質が溜まってきます。ポリモーダル刺激によりサブスタンスPやCGRPらが血管を拡張させ血流量が改善または増大することか解っています。これが軸索反射です。
血流量が改善または増大すると血流が悪いために溜まっていた発痛物質が排除され、痛みが

こっていた部分に鎮痛効果が現れます。そして、ポリモーダル刺激は内臓にも自律神経を介して作用しています。その主なものは、四肢への刺激で迷走神経胃枝活動の亢進により胃運動の亢進が、腹部刺激では交感神経胃枝活動の亢進によって胃運動の抑制の反応が認められています。 また、心拍数の減少、腎交感神経活動の抑制に伴う血圧降下作用があります。

つらい慢性痛やシビレの症状は筋膜性疼痛症候群というひとつの病気です。近年その認知が急速に進んでおり、その治療方法をトリガーポイント治療とも呼びます。筋肉の使いすぎや長時間同じ姿勢を続けてしまうと、筋肉を包む筋膜(腱・靭帯・骨膜)に癒着、血行不良を引き起こし、トリガーポイントと呼ばれる痛みの原点を形成してしまいます。このトリガーポイントに狙いを定めて治療することが現代医学では非常に有効とされており、イオンギアはそのトリガーポイント治療のために生まれた治療器です。イオンギアはトリガーポイントのポリモーダル侵害受容器を刺激し、痛み、コリ、しびれなどの諸症状の緩和、トリガーポイントの発生に伴う関連痛を予防します。

ストロングゴールド(10粒)        価格:2,490円

ストロング,ミディアム,ソフト(10粒)///// 価格:2,320円
 

30シート 施術専用パック(300粒)   価格:オープン

50シート 施術専用パック(500粒)   価格:オープン

80シート 施術専用パック(800粒)   価格:オープン
 

​東京都渋谷区代々木1-30-15天翔代々木ビル2F

Copyright (C) 2018 Softlife Corporation. All Rights Reserved.